うさぎの飼い方

  1. 入手時の注意点
    ペットショップで購入するのが一般的ですが、ブリーダーや知人のところで殖えたものを譲ってもらうという方法もあります。
    健康な個体を選ぶにあたって以下の点をチェックしてみてください。
    ・目がパッチリしている
    ・毛つやがよい
    ・目や耳、肛門の周辺が汚れていない
    ・痩せていない
    ・呼吸音が大きくない
    ・耳がぴんとしている
    ・下痢をしていない
  2.  お迎え後に気をつけること
    仔ウサギを迎える際は特に注意が必要です。
    環境の変化に大変弱く、ストレスになるのでやたらに触ったりせず、静かに休ませてあげましょう。
    寒い時期には保温等で温度管理にも気をつけてください。
    成長した親ウサギの場合も環境に慣れるまでは、気をつけてあげてください。
  3.  一匹飼いと多数飼い
    人によく馴れるのは一匹飼いです。
    複数での飼育は余程広いスペースが無いとウサギにとってストレスとなります。
    特にオス同士は縄張りをめぐって喧嘩をするので一緒に飼うことはできません。
    メス同士であれば複数での飼育ができますが、相性が悪いケースもあるので十分に観察する必要があります。
  4.  飼育場所(屋内と屋外)
    室内でケージに入れて飼うのが一般的ですが、サークルで囲って、また、室内で放して飼われているケースもあります。
    ケージの中にはスノコを置きフンやおしっこが下に落ちるようにします。
    スノコはウサギが齧っても問題がないように木製が適しています。
    スノコの下にはウッドチップ等を敷くとよいでしょう。
    屋外での飼育では犬や猫、カラス等の害敵には特に注意が必要です。
    また雨などにより湿度が高くならないよう、工夫してください。
  5.  必要な飼育器具
    ・エサ入れ
    ウサギがひっくり返さないよう、重量があるものや固定するタイプが良いでしょう。
    ・水入れ
    給水ボトルが理想的です。大きさは大きめのものを使用しましょう。
    給水ボトル以外のものを使用するときはエサ入れ同様、ウサギがひっくり返したりしないもの、またウサギの体に水がつかないものを使用しましょう。
    ・牧草入れ
    ウサギの体の大きさに合ったものを選びましょう。
    ・トイレ
    三角形のタイプのものが多く市販されています。
    ・ブラシ
    市販されているウサギ用のものでよいでしょう。
    ・かじるおもちゃ
    木製のものでウサギに害がないものを選びます。
    齧ることにより歯の徒長を防いだり、ストレスを解消するのにも役立ちます。