うさぎの品種

  • ペットとして飼われているうさぎといえば以前は日本白色種が主でしたが、現在はペットショップではほとんど見ることができなくなりました。
    現在では欧米からの純血種など数多くの品種が見られ、体色もバラエティーに富んでいます。
  • ネザーランド・ドワーフ
    オランダで作出され、ペットとして飼われているうさぎの中では最も小型で耳は短い。
    性格は神経質。体重は1キロ前後。
    人気が高い品種。
  • ホーランドロップ
    オランダで作出され小型で耳が垂れている。従順でおとなしい個体が多く体重は1.5キロ
    前後。
  • アメリカンファジーロップ
    アメリカでホーランドロップとフレンチアンゴラを交配して作出された、小型長毛種。
  • ミニレッキス
    アメリカでスタンダードレッキスを元に作出された小型種。毛はビロードのような手触り。体重は2キロ前後、性格は従順で飼いやすい。
  • ドワーフ・ホト
    ドイツで作出された、体重1~1.3キロの小型種。体色は白く目の周りは黒い。
    人に馴れやすい品種。
  • ジャージーウイリー
    アメリカで作出された小型長毛種で毛はカールしている。
    体重は1~1.3キロでおとなしく飼いやすい品種。
  • イングリッシュ・アンゴラ
    イギリスで作出された長毛種で全身、耳までもがふさふさした長い毛で覆われている。
    体重は2.5~3キログラムで性格はおとなしい。
  • フレンチロップ
    フランスで作出された大型のロップイヤーラビットで丸味を帯びた体型に垂れた耳が特徴。性格は非常に温厚。
  • イングリッシュ・ロップ
    イギリスで作出されたもっとも古い品種の一つ。
    短毛で耳が非常に大きい短毛大型種。耳の長さは70センチに及ぶ個体もいる。
    性格は非常におとなしくて人懐こく、名前を呼ぶと寄ってくる。
    体重は4~5キロ。
    耳を傷つけないよう管理には注意が必要。
  • チェッカード・ジャイアント
    ドイツでフレミッシュ・ジャイアントを元に作出された品種。
    白地に黒い斑点が入る体色はイングリッシュ・スポットに似ており、体重は5~6キロ。
  • フレミッシュ・ジャイアント
    フランスで作出され元は食肉用の品種だが、非常におとなしい性格から近年は愛玩用として人気がある。大きさはカイウサギ中最大で7~10キロ。体に比例し、耳も大きい。